認定NPO法人フロンティア南相馬 認定NPO法人フロンティア南相馬

東北へ、こころに花咲くプロジェクト

昨年度より交流させて頂いている、
静岡県の「NPO法人地域づくりサポートネット」様のご紹介で「NPO法人花咲くしずおかフラワーネットワーク会議」様から、東北の被災地にに青い花「ネモフィラ」の種を蒔く「東北へ、こころに花咲くプロジェクト」の一環としてネモフィラの種を頂戴し、南相馬市立東保育園で種まきを行って参りました。
ネモフィラの小さな種を手にし、子どもたちは「これが花になるの?」と不思議そう。スタッフが「そうだよ、春にこんなお花が咲くんだよ」と写真を見せると大興奮!みんな土にまみれながら一生懸命種をまいてくれました。種まき中はギリギリお天気が持ったのですが終わった途端に小さな雨がぽつぽつと降り始め、やさしい小さな雨は、まるでまいた種に空が水をあげてくれているようでした。
地元のご当地ヒーロー「相双神旗ディネード」から、悪役戦闘員の「デレスケ1号」がお手伝いにやってきて、種まきを頑張った子供たちに大道芸「ディアボロ」を披露。ご褒美に「シャボン玉」と「バルーンアート」のプレゼントもあり、子どもたちは「デレスケ1号、明日も来てね」と声を掛けていました。

12113355_969346206462693_611334041990472305_o

続いて、同じく「東北へ、心に花咲くプロジェクト」として、
南相馬市立大甕幼稚園でネモフィラの種まきを行って参りました。
秋晴れとはこの事だと言わんばかりの晴天に恵まれ、園児たちは元気いっぱいです!今日もお手伝いに来てくれたデレスケ1号と一緒に汗をかきながら種まきをしました。
50名程の園児はちゃんと1列に並び順番に種を貰っていきます。一生懸命な表情で「きれいに咲いてね」と言いながら土に混ぜ込んで撒いていきました。年長組みの園児たちは「来年の春は1年生になってるんだよ」と言い、隣の小学校を指差します。「じゃあ、ランドセル背負って見に来てね」と声を掛けると満面の笑顔で「うん」とお返事。
東北の厳しい寒さを越えれば、種は花に、園児たちは小学生になっていく。
花と子どもたちの健やかな成長を、少しでも手助けできる様、
これからも頑張って活動していこうと心から思えた一日でした。
関係者の皆様、保育園幼稚園の皆様、
頑張ってくれた園児のみんな、
そして何よりこれからきれいに咲いてくれる花の種、
その全てに心より感謝申し上げます。
来年の春がとても楽しみですね♪

12029799_969349993128981_3340053295462170142_o

ページTOPへ戻る